佐喜眞アツシかなり危険→宜野湾市長選挙はシムラ恵一郎がベスト!

今の宜野湾市長の佐喜眞アツシさん、実はかなりヤバい人です!※1
sakimaatsushi01

■子供たちの個人情報を宜野湾市自ら名簿化し自衛隊に献上

2015年10月25日に琉球新報抜粋※2
「自衛官の採用業務を担う自衛隊沖縄地方協力本部(那覇市、地本)の依頼に応じ、2015年から宜野湾市と沖縄市だけが住民基本台帳から自衛官適齢者の個人情報を取りまとめ、名簿として提供していたことが分かった。18~27歳未満の約2万4千人分の氏名と生年月日、住所、性別が地本に提供された。両市は従来の閲覧許可と同様、個人情報の本人同意は得ていない。自衛隊法上、自衛隊は自治体に資料提出を求めることができるとされるが、ほかの自治体は、個人情報提供に本人同意を得ることを定めた個人情報保護条例などを理由に応じていない」

一読してピンときた人もいるかと思いますが、沖縄県の全41市町村の中で沖縄市と宜野湾市だけが自らの市内の自衛官適齢者の個人情報を取りまとめご丁寧に名簿化して自衛隊に提供したつまり沖縄県の他の39市町村は、そんなことやってないわけです。

つまり名簿化して自衛隊に提供しても、提供しなくても市町村の自由だということです。直接の根拠条文を実際に見てみましょう。

自衛隊法施行令120条
防衛大臣は、自衛官又は自衛官候補生の募集に関し必要があると認めるときは、都道府県知事又は市町村長に対し必要な報告又は資料の提出を求めることができる

読んでわかる通り、この条文はあくまで防衛大臣が資料の提出を求める(つまり単にお願いする)ことができる権限(権利)を定めた条文にすぎません。

防衛大臣が一言もの申せば、市町村長には義務が発生し何が何でも兵隊候補者の名簿を提出しなければならない、そんな戦前・戦中のような異常な時代ではないのです。今、平成28年ですから。

防衛大臣や政府参考人による国会答弁からも確認してみましょうか?まず中谷元防衛大臣。※3

2015年3月26日中谷元防衛大臣
防衛省といたしまして、募集対象の情報についての資料の提出をいただくことは自衛官及び自衛官候補生の募集事務の円滑な遂行のために必要であることから、資料の提出の根拠となる法令等を丁寧に説明した上で、地方公共団体(市町村のこと)が実施し得る可能な範囲での協力をお願いをいたしております

つなげて読むと防衛省は資料の提出の根拠となる法令等を丁寧に説明した上で市町村が実施し得る可能な範囲での協力をお願いをいたしておりますつまり市町村が可能な範囲内で協力してくれたら、ありがたいな…言ってるだけなわけです。

それにこの言い方、市町村によって個別の事情があるだろうから市町村によって可能な範囲は違うことを前提に答弁しています。だから市町村によっては可能な範囲がない、協力もできないとしても、あくまでお願いにすぎませんから。防衛省から文句が一切言えないのです。

私達の住む沖縄県。太平洋戦争末期の地上戦。男も女も子供もお年寄りも…数え切れないほどの非戦闘員、民間人が砲弾の雨の中、命を散らしました。

特に日本軍の命令で民間人たちが爆弾を抱えて敵陣に突っ込む「斬り込み」呼ばれる自爆攻撃には、女性や子供達も参加させられました。
kirikomi
私達…沖縄県民は誰よりも戦争の愚かさと、命の尊さを理解しているのではないでしょうか。

だからこそ自衛官等募集の法定受託事務(自衛隊法第97条)自体をそもそも実施していない市町村が存在するのも日本で唯一沖縄県だけなのです。自衛官等募集の法定受託事務を実施していないオール沖縄の野国昌春北谷町長の声を聞いてみましょう。※4

野国昌春北谷町長
「北谷町としては自衛官の募集業務そのものに応えていない状況です。特に戦争体験した町民の感情を考慮すれば、国からの要請であっても協力できません」

もう一つ、政府の国会答弁を見てみましょう。※5

2015年3月10日防衛省人事教育局長真部朗
「自衛隊法施行令の百二十条を踏まえまして、防衛省からは市町村長に対しまして自衛官及び自衛官候補生の募集に関して必要な募集対象者の氏名等の情報について資料の提出を依頼いたしておるところでございます。この資料の提出につきましては、地方公共団体に対する国の関与の基本原則や地方公共団体(市町村のこと)との関係に配慮して防衛省からのあくまで依頼を申し上げている(お願いを口にしてるだけだと言ってる)ところでございます」

本当に読みにくいですが防衛省からは市町村長に資料の提出を市町村との関係に配慮してあくまでお願いを口にしてるだけだと言ってるわけです。

それなのに佐喜眞アツシ宜野湾市長は、私達宜野湾市民の心情を考えることもなく踏みにじり、率先して子供たちの個人情報を宜野湾市自ら名簿化までして自衛隊に献上していたのです。

自衛隊に私達の子供達の個人情報が渡らないようにするにはどうすればいいか?

シムラ恵一郎さんを新しい宜野湾市長にしましょう!

シムラ恵一郎さんは、佐喜眞アツシ宜野湾市長との公開討論会でも宜野湾市自ら名簿化までして子供達の情報を自衛隊に献上したことを痛烈に批判されていました。

佐喜眞アツシさんが宜野湾市長のままでは、今後もずっと名簿の提供は続くでしょう。佐喜眞アツシさんは謝罪さえしない。

もちろん日本政府、いえ大和の犬としては、100点満点の佐喜眞アツシ宜野湾市長だったかもしれません。

しかし私達は、絶対に佐喜眞アツシ宜野湾市長を許しません。子供達に赤紙を届けようとする宜野湾市長佐喜眞アツシにはレッドカード、今回の宜野湾市長選挙で即刻退場してもらわねばなりません、子供達、孫達のために。

宜野湾市長選挙は、私たち宜野湾市民の首長つまり顔を選ぶ大切な選挙です。大和の犬を選ぶ選挙では、ない!

子供達や孫たちの将来のことを思えば、シムラ恵一郎さんしか道は他にないのです。

※1http://www.city.ginowan.okinawa.jp/sisei/policy/01/41413_174.html
※2http://ryukyushimpo.jp/news/entry-160103.html
※3http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/189/0059/18903260059004.pdf
※4http://dot.asahi.com/wa/2015120200102.html?page=2
※4http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a187002.htm
※5http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0031/18903100031001a.html

このページの先頭へ